2009年11月23日

2009年週刊少年ジャンプ52号感想

52号は土曜発売だったのです。
ネタばれ注意。











2009年週刊少年ジャンプ52号感想





表紙は『銀魂』

巻頭カラー『トリコ』

センターカラー『彼方』、『ジャガー』

特別読み切り『SWOT』

個人的今週のMVPは
「私たちがまごころをこめて誘拐しました」





●トリコ

遂にアイス・ヘルの氷山に到着したトリコ達。
全員、ライタースーツの上からでも全身凍りついて疲労困憊のようです。しかし、氷山にさえぎられてどうにか風も収まり、これで吹雪に晒される心配は無くなったみたいですね。もちろん帰りの心配はありますけれども。トリコも言ってますけれど、小松はよくここまで付いて来れたなぁ…。やっぱりトリコと一緒にあちこち歩き回ったりグルメ食材たくさん食べたりして鍛えられたのかしら。ここで少し休憩を入れたい一行ではありましたが、トリコの腹が減ったために先を急ぐことに。この氷山のどこかに、センチュリースープがあるのか…?

一方、こちらもセンチュリースープを狙う美食會。
口からなにやら気味の悪い虫を吐き出す副料理長のトミーロッズ。どうやら、トミーは自分の体の中にたくさんの虫を飼っている?ようですね。その一匹一匹が捕獲レベル40前後の強力な化け物共。ひとまず虫達は第2グループでセンチュリースープを目指している例の覆面を追っていったようですが…。しかし、一匹でもトリコが苦戦しそうなレベルの奴らが一度に4匹も…。こいつらを飼いならしているトミーの実力が如何に高いか窺い知れるというものです。果たしてトリコ達は今回の敵に勝つことができるのでしょうか…。
しかし、トミー達が先を行くと、信じられない光景が!なんと、さきほど放った虫達が全滅している!?しかもただ倒されているだけでなく、その全てがノッキングされている!!一匹一匹が相当な実力を持っているだけでなく、希少な存在で、正確なノッキングの方法を知っていそうな美食屋も限られているであろう虫達をあっけなく下すとはマジに何者なんだあの覆面は!?

そして、遂に覆面の顔お披露目!
その正体は…





ジローさああああああああん!!!!!



あ…あわわわわ…
この可能性は完全に失念してたわ。そうですね、100年に一度しか拝めない究極のスープですから最強クラスの美食屋であるジローさんだって取りに来ても全然おかしくないですな。特に、ジローさんは100年前に一度味わっているからこそもう一度口にしたいという気持ちになるだろうし、セツ婆のためにもう一度汲みに来たということも考えられますね。

それにしても、何この安心感…
ジローさんが出てきた途端、もう美食會とか脅威でもなんでもない様な気さえしてきたよ…

う〜むむむ…次週、どうなるッ!?





●ワンピ

続く白ひげ勢vs海軍。
もはやエースのために死ぬ覚悟を決めた白ひげは戦場の渦中に飛び込む!!とにかく強い!!これはもう地震ってレベルじゃねーぞ!何と言ったらいいのか…白ひげが空間を?引っ張った途端に島も、周りの海も全部横に傾いてしまいました。建物は崩壊していき、戦場にいるほとんどの者が立っていることもできません。本当に今までで最強の能力者と言っていいほどの規模ですね。エースを助けるために処刑台を破壊しようとする白ひげですが、これは三大将が仲良く協力してガード!これは何をやってるんだ?ちょっと絵面だけでは分かりづらいですな。
海軍側は包囲壁と呼ばれる鋼鉄の防御壁を作動して海賊達を取り囲みます。そして赤犬の能力が発動!!防壁で包囲された海賊達に大量のマグマパンチが襲いかかります!!

次週、どうなるッ!?


包囲壁で取り囲み、氷を溶かして海賊達の足場を奪って…と、今のところ地の利がある海軍側が若干有利といったように見えますが青キジの氷やオーズの死体が邪魔で完全に海賊達を包囲しきれていないですね。無鉄砲に敵陣に突っ込んでいったオーズが本人も知らないところで地味に役に立ってるのがなかなか上手い展開ですな。スクアードも今回は泣いてるだけだったけれど、そのうち隊長格として名誉挽回してほしいところ。来週は本編とは別に、映画と連動しているという第0話が掲載されるようですが一体どんな内容なのでしょうね。










●ナルト

ビー様vs鬼鮫。
鬼鮫の術で水の中に閉じ込められてしまったビー様達。このままではサブちゃんとアライグマが溺れて死んでしまうため、なんとか水中からの脱出を試みるビー様ですがこの術は術者と共に移動する地形効果のようで、鬼鮫が追ってきているので一向に脱出できません。止むを得ず、自身が囮となって鬼鮫を引き付けることでサブちゃん達を救出することにしたビー様。サブちゃん達は無事水中から脱出できましたが、ビー様ももはや限界が近づいている!?鬼鮫との対決に敗れ、力尽きて倒れるビー様。ビー様を連れ去ろうとする鬼鮫ですが、ここで鮫肌に異変が…。なんと、大量のチャクラを持つビー様を気に入り、懐いてしまった!?なんだこの展開は…というか、アレ意思があったのかww他所の家の人に懐いてしまった鮫肌を蹴っ飛ばし、ビー様の足を切断しようとする鬼鮫!!ビー様に勝機はないのかッ!?
次週、どうなるッ!?

ふーむ、今回の鬼鮫戦を見るに、やっぱり多くの五影が言っているように人柱力はちゃんと目の届くところに置いといて保護しといた方がよさそうですね。一人で好きなように遊んでたビー様がこの様だし、ナルトも放っといたらすぐに拉致されそう…





●彼方

新連載2話目。
今回は映画のオーディションのお話のようです。
表紙のキリンが一番ツボだった。





●サイレン

おお、掲載順が高い…

弥勒vsグラナ戦決着!!
八戸自動車道が大変なことに…。まあ、それはいいとして港にいた作業員の生命力を吸収してどうにか炭化した体を再生した弥勒。なんかかっこつけてますが、これが全裸だと思うと何か笑えます。グラナの日輪"天墜"と弥勒の生命の門が激突!!そしてライズによる肉弾戦!!グラナの攻撃を紙一重でかわし、グラナの右目を突き刺す弥勒。これで決着…!!凄まじい戦いでした。右目を突き刺し、そのまま生命の樹の種を埋め込んでグラナの脳を支配することもできた弥勒。しかし、弥勒はそれをしませんでした。なぜなら弥勒が欲しかったのは自分に完全に服従する操り人形ではなく、時には自分にすら牙をむくくらい対等の関係の仲間だったからです。ともあれ、これでグラナも弥勒の仲間になってしまいましたね。カプリ子に続いてグラナまで…やはり未来を変えることはできないのか…?本気で戦わなければグラナを屈服させることなどできない状況でしたが、派手に暴れすぎたせいで思いっきりその辺のテレビ局のカメラマンから全国中継される全裸のラスボス。弥勒としてはこのタイミングで自分の存在を世間に晒すのは本意ではなかったようですが、仕方がないので前向きに考え、カメラを奪って中継を見ている全国のサイキッカーを勧誘することに。やがて訪れるリバースディを前に、自分の側に付くことを要求しますが、その中継を見ていた一般人達の中に後のドルキやシャイナと思わしき人物も…。やはり、このまま歴史を変えることなく星将が全員揃ってしまうのかッ!?

一方、ここ一ヶ月くらい放置プレイを喰らっていたアゲハと雨宮さんは、アゲハの父の研究所を訪れあの巨大な隕石ウロボロスについて聞き出すことに。
そういえば勘当したんだったなwww

次週、どうなるッ!?



ふーむ…たぶんアゲハ達の行動で歴史が変わらなかったらこの場にジュナスも参戦していたのでしょう。歴史が変わり、ジュナスが同行できなくなったことでこの戦いの結末も変わるかもしれないと思ったのですが結局グラナはWISE側になってしまったし、しっかり右目も潰れて歴史通り?の展開になってしまいましたな。このまま行くと中継を見ていたドルキとシャイナも星将に加わり、もしかしたら中継を見ていた他のサイキッカーも「オレもWISE入るYO!」、「オレも!」、「オレもオレも!」と次々にWISE側に行って下手すると変更前の歴史よりもかえって敵が増えてしまうかもしれませんね。一体どうなってしまうのだろう…





●黒子

順位が安定しないマンガだなぁ…。
青峰登場で絶望的な展開になるかと思いきや、第2クオーターはまずまず互角といったところで終わりましたね。まだあわてるような時間じゃない。後半戦に入る前に両軍休憩。どっちもレモン丸ごとハチミツ漬けってなんだコレwww誠凛は黒子の体力を心配して後半は一時温存することに。逆に、桐皇は当然青峰主体でガンガン攻めていくようですが…。インターバルの間に青峰の準備も万端、次週どうなるッ!?





●SWOT

杉田先生久々の読み切り。
やっぱり学園物が大好きなんですかね。今回は実は喧嘩が強いんだけれど、それはそうとたくさん勉強して東大を目指す主人公のお話かな?最後のボスキャラがヘタレなんだかかっこいいんだかちょっと判断に困るところ。





●ねこわっぱ

たま入学編。
お?この子は…なんか読み切りの頃に登場してた子に似てる気がする。背伸びしたい女の子の願いをかなえるために奮闘するたまですが、結局願いを叶えることはできず。でもまあ、結果オーライといったところなのだろうか。ラストで出てきたシルエットはライバル神社の手の者か!?
来週からバトル展開突入?





●銀魂

なんだこの悪魔超人もビックリの残虐ファイトはwwwww
一人だけ陰陽術が使えない生身の体で、どうやって銀さんが戦うのかと思いきや敵に式神を召喚させる間もなく外道丸との連係プレーで道満のケツの穴を攻め立てる!!wwwwwこれは酷いwwwwwしかし、銀さん達が責め立てていた道満は幻術で作られた偽物!?本物の道満はコーナーポストに佇みピンピンして…ねぇwwwww
ちゃんと喰らってんじゃねーかwwwww
ケツから血がwwwww

道満へのツープラトン攻撃が銀さんに誤爆してしまったため一気に形勢逆転!タマに大きなダメージを受けてグロッキー状態の銀さんに敵の式神が迫る!更には銀さんのタマがとんでもないことになって…?

wwwwwwwwww
なんだこの展開はwwwww
謝れwwwww篠原先生に謝れwwwww
いくら元アシだからといってコレは酷過ぎるwwwww

佐助wwww祐介wwwwwボッスンwwwwww

銀さんが戦闘不能になってしまったため晴明が交代してリングイン!江戸を守護するために各地に散らばらせていた自身の力を自分の下に集め、真の力で道満に挑む!!

次週、どうなるッ!?





●いぬまる

まだヅラだったのかよwwwwww

みなみ先生みんなから愛されてるなぁ〜。そして化粧の気合いの入れ具合が相変わらずパネェwww

オチwwwww





●リボーン

猫の協力でザクロに勝利したかと思われた極寺でしたが、幼女の助太刀で一気に劣勢に。そして遂に全裸となった幼女が修羅開匣して本気を出す!!幼女のこの姿は…人魚か?ナルトの鬼鮫さんといい、最近ジャンプでは水系能力が強いですね。しかし、このマグマなんとかと幼女の水は相殺し合ったりはしないんだろうか?ww
極寺のピンチに駆け付けたのは、やってきました!中学生に負けた最強の暗殺チーム、ヴァリアー登場!!次週、幼女とバーローを袋叩きにできるかッ!?





●ぬらり

首無vsイタク!!
そこかしこに紐を巻きつけ、イタクを取り囲む首無。「たかが紐じゃん」と、余裕で紐を切り裂こうとするイタクですがイタクの鎌でも首無の紐を切断することはできない!?どうやら、首無は自身の紐に畏れを憑依させて強化させているようです。あ、奴良組の取り巻き達もちゃんとハツだの憑依だのは使えたのね。焦るイタク。おいおい、遠野勢のリーダー的ポジションで散々リクオに偉そうなこと言ってきたんだからここでイタクに下手な油断はしてほしくなかったぜ。


首無『忍法クモ糸縛りーーーーーーーッッッ!!!!』


首無の紐で完全に捕えられるイタク。イタクの動きを封じたところで上から目線で新人をいびる首無ですが、イタクももちろんこのままでは終わりません。突如自分を絡める紐を全て切断するイタク。そして、次の瞬間イタクの姿が…。毛むくじゃらな獣の姿になるイタク。獣人形態ktkr。リボーンの修羅開匣といい、最近のトレンドは獣人化のようです。イタクはカマイタチの妖怪だから本気になるとイタチの姿になるのかな?これがイタクが『畏れを纏っている』状態なのでしょうか。首無がビビった(イタクの畏れに気圧された)ところで反撃開始。鎌と一体化した腕を風車のように回しながら突っ込みます。ここでリクオもようやく内輪揉めに気がついて二人を止めようとしますが、リクオよりも先に二人を一喝する者が。
あ、鴆君も付いてきてたのかwwww
突如上から鴆に傷薬をぶっかけられて動きの止まる首無とイタク。アレですね、これはその辺で野良猫とかが喧嘩してる時に仲裁するのと同じ方法ですね。バケツの水をぶっかけて仲裁するのが一番手っ取り早くて効果的ですから。何はともあれ、鴆の仲裁で痛み分けとなった首無vsイタク。まあ、新キャラと旧キャラの親睦を深める&キャラ立てとしてはいいイベントだったのではないでしょうか。これから京都勢と戦闘になったらしばらくはのんびりお話する余裕なんてないでしょうし。これからも首無とイタクはワンピースでいうゾロとサンジみたいにしょっちゅう喧嘩する仲になったりするのでしょうかね。それはそうと、喧嘩してた首無とイタクよりもむしろ勝手についてきてた鴆をぶっ飛ばすリクオww今回も出入りにおいていかれると思ってこっそり宝船に乗り込んでいた鴆ですが、確かにいれば役に立つヒーリング能力者だけど最近は吐血してるイメージしかないからなぁww

しかし、内輪揉めが終わってホッとしたのも束の間。突如襲いかかってきた大量の妖怪達!遂に京都に到着だ!次週は京都上空から襲い来る京妖怪達と空中戦!!

どうなるッ!?





●こち亀

所長って戦車で来るのがデフォなんだっけ?ww
特殊デカ久々に出てきたな…





●めだか

なるほど、めだかちゃんなら何を押そうと扉が開くわけだからめだかちゃんが次に押しそうな番号を押せば善吉達でも通れるわけか。めだかちゃんのヒントを頼りに、次に押しそうな番号を予測してさっさとゲートを通過する喜界島さん。というか、なんで喜界島さん常時顔を赤らめているの?そういうキャラだっけ?一方、阿久根先輩は暗証番号を一万回押すなんてまどろっこしいことはやらずにブチ壊して突破!!うん、こっちの方が手っ取り早くていいね。ノーマルの善吉達がどうやってアブノーマルに立ち向かうのか?という疑問はありましたが今回の喜界島さんと阿久根先輩の行動が後々その答えに繋がりそうですね。というか、めだかちゃんと今まで一緒にいるだけで善吉達はアブノーマルに片足突っ込んでるようなモンだと思うんだが。しかも、鍋島さんでもアブノーマルに勝てちゃうわけだから『アブノーマルには勝てない』なんていうモンでもないのかな。喜界島さんと阿久根先輩が合流したことで生徒会全員集合!次週はフラスコ計画をブッ潰すため学園の地下に侵入!!

どうなるッ!?





●SKET DANCE

久々のロマン登場!
なんかキャラ変わってるwwwww
そういや漫画家としてデビューしたんだっけ。その影響かすっかり大御所の佇まいですwwwセカンドデビューに苦しむ浪漫ですが、その一方で漫研の後輩達への指導も積極的に行っている模様。結局画力は成長してねぇのかよwwwww

一方、浪漫の影響で個性的な絵しか描けなくなってしまったフミちゃんはその後漫研で描き続けてどうにか元の画力に戻ったようですね。しかし、今度はネームに悩んで浪漫に相談。

wwwwwww
なんだコレwwwwww
しかも入選しちゃったwwwww





●リリ

アキラと宇宙ねこがどうなったのか気になりますが、それはそうと今回は一話丸々紳士強盗の回!!先週ラストで遂に登場した紳士強盗ウィルバーとローライズ・ロンリー・ロン毛!!今回は何の前触れもなく日野家に突撃!相変わらずダメ人間なウィルバーさんが最高です。読みきりでは主人公達を差し置いて一番キャラが立っていただけに期待して読んでみたら相変わらずキャラが立ち過ぎてて困るwww

「私たちがまごころをこめて誘拐しました」wwwwww

さて、いつの間にか紳士達に誘拐されていたお兄さん。しかし、紳士達も誘拐されたお兄ちゃんの方にも全く緊迫感が感じられないwwwwwお兄ちゃんを人質に取られているため紳士達の要求を呑まざるをえず、なぜかチェスで勝負することに。どっちもルール知らねぇのかよwwwwwやっぱり紳士はいいキャラしてるなぁ。

次週、リリエンタールは無事兄上を取り戻せるかッ!?





●ジャガー

連載400回記念ということでセンターカラー!
いつぞやの占い好きの子が再登場ww
今後も準レギュラー化して節目の回に登場するんだろうか。





●べるぜ

やっぱりこいつらも巻き込まれてたwwwww
廃墟となった学校に何やら謎の新キャラが現れましたが、果たして…?





●バクマン。

とりあえずサイシューのギャグ漫画はあんまり面白そうじゃねぇなぁ…。今のこのドロドロしまくった恋愛模様の方がまだ面白そうに感じるぜ。なんだかドラえもん風の話というより、サイボーグGちゃんみたいにハチャメチャギャグの方がメインになるようなお話になりそうですね。どことなく主人公の絵がレトロチックなのは連載にどう影響するのか…。あと、ニワチピはいいキャラしてると思う。しかし、三浦さんがどうも頼りなくて上にいける気がしないなぁ…。

で、青樹サイドの方ですが山久さんは結構いい仕事してますね。どうしても女性の下着を描くのに抵抗がある青樹のことを心配して、そこだけでも描ける作画屋さんを探すことに。山久さんは今話題の静河さんの担当もしてるし、今後かなりやり手の編集者になりそう。それに比べて三浦さんは…。しかし、山久さんがいろいろやってくれているのに当の青樹さんは中井さんの件もあってか完全に男性不信に…。完全に公私混同の気がしますな。しかも青樹さん微妙にシュージンに熱出してる感じもするし。

シュージン死ね。

あと、サイコーはとりあえず亜豆を経由して見吉とシュージンを仲直りさせてあげればいいんじゃないかな。三吉も亜豆の話ならちゃんと聞くだろうし。





●保健室

ヤバいヤバいヤバいwww
刀哉君の状態がかなりヤバいwwwww
完全にヤク漬けだよwwwwww
今回の話怖すぎるwwwwww

というわけで、現実より妄想の世界に引きこもってた方が楽しいぜ!というお話の続きですが、刀哉君はお姉ちゃんに認めてもらいたいという願望があったからこそこういった仮想現実の世界になったのかしら。姉弟揃って病魔にとり憑かれるとか、災難な一家ですが、強い姉と比べられたりして刀哉君もお姉ちゃんに何かコンプレックスを感じたりしていたのでしょうかね。真の意味で刀哉君を救うためには姉ちゃんの力が必要と考えたハデス先生は鏑木さんを連れて刀哉君の精神世界へ…。
次週、どうなるッ!?





●姉

遂に掲載順最下位。
文化祭に姉の知り合いが乱入、今度は長女が出てきたぞ!お母さんかと思ったら全然そんなこたぁなかったぜ!新たな姉登場で掲載順を上げられるか!?





終わったああああああああああああああ




posted by M at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | ジャンプ感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。